株式会社プロネット

 

WEBシステム開発、ITコンサルティング、自社サービス、教育事業 - これからのビジネスへのIT活用ソリューションをご提案致します。

開発の流れ

システム導入の戦略企画立案から運用改善まで、システムの有効活用を最大限にサポートします。

STEP01

要件ヒアリング
システム導入の目的、計画などのヒアリングを行います。
課題を明確にしシステム化について詳細にご提案させていただきます。
document:ご提案書、お見積り書

 

 

STEP02

戦略計画
システム全体の概要とスケジュールの計画を立てプロジェクト成功の目標を明確にします。
既存業務のシステム化であれば解決するべき課題点を明確にし、新規事業であればサービス仕様を明確にていきます。
システム規模が大きい場合は段階的にシステムを導入していくフェーズ分けを検討し、コアとなる最小限の機能を稼働させてフィードバックしながらシステム全体を構成していく計画を立てます。
document:システム概要図、全体スケジュール

 

 

STEP03

概要設計
要件からユーザーストーリーとデータモデリングを行います。業務とシステムの中間的な設計になりますので、何が出来るべきか、どのような項目を管理できるべか、など大枠のイメージを固めます。
システム全体機能の方向性の認識を共有していきます。
document:ユーザーストーリー、データモデリング(ER)

 

 

STEP04

機能設計
システムに必要な機能に基づき、データ項目を抽出してどのような画面・帳票の構成になるか詳細なレイアウトレベルで設計していきます。
細かく機能単位でフィードバックしながら設計精度を高めていきます。
document:画面一覧、画面項目定義(ワイヤー)、テーブル定義書、メール設計、帳票設計

 

 

STEP05

デザイン・画面作成
データを更新する機能や業務的にこだわりたい動作のある画面の動きを、モックアップを作成して確認します。画面ベースで操作性やデザインを確認することができます。
必ず各段階でご確認いただきながらフィードバックにより細部まで改善していきます。
document:デザインカンプ、HTMLモックアップ

 

 

STEP06

開発・実装
モックアップをベースにプログラムを組み込みデータベース連動するシステムを構築していきます。随時、動作確認を行って頂きながら機能の変更・改善に素早く対応していきます。
document:プログラム、デモ環境

 

 

STEP07

受け入れテスト・シミュレーション
実際に業務を想定してすべての機能を動作させて確認して頂きます。実際に動かしてみると設計時点では気付かなかった問題点や課題点が必ず出てきます。ここでの最終フィードバックによって、使い心地がよく、完成度の高いシステムが出来上がります。テスト完了後、本番リリースを行います。
document:テストケース、エビデンス

 

 

STEP08

保守・改善
本番稼働後は実運用で問題がないかシステムのサポート・サーバーの監視を行います。万が一、不具合が発生した場合は速やかに対応し、運用結果を蓄積しながら定期的な検討会議によって機能改善や新企画のご提案に努めていきます。

 

Comments are closed.