株式会社プロネット

 

WEBシステム開発、ITコンサルティング、自社サービス、教育事業 - これからのビジネスへのIT活用ソリューションをご提案致します。

システム開発プロセス・リエンジニアリング(SDPR)

 

sdprLogo
プロネットのアジャイル開発の取り組み

 

◆目的

プロネットでは、ユーザにとって「価値(満足度)の高い」システムを開発することを目指して
システム開発プロセスの改善に取り組んでいます。

最新の知識、手法、技術を組み合わせ、最大限に活用することで、従来のウォーターフォール型の
システム開発プロセスにイノベーションを起こしたいと考えています。

私たちはこの取り組みを、「システム開発プロセスリエンジニアリング」(SDPR)と呼んでいます。

 

◆アジャイル開発とは

「アジャイル開発」は、単純に反復開発手法を指す言葉ではありません。
「アジャイルマニフェスト」を尊重し、その考え方を適用した開発プロセスのことを言います。

「アジャイルマニフェスト」とは、「アジャイルソフトウエア開発宣言」および「アジャイルの原則」です。

XP、Scrumなどの反復開発手法はこの「アジャイルマニフェスト」の原則に則っているので、

アジャイル開発の代名詞のように使われています。

 

◆プロネットのアジャイル開発とは

プロネットは「アジャイルマニフェスト」に強く賛同しており、この原則を軸に上述のSDPRを推進しています。
しかしXP、Scrumなど既存のアジャイル開発プロセスを、そのままシステム開発プロジェクトに持ち込みません。
一般的な反復開発手法の問題点を改善し、個別の開発環境や制約条件等を整理し、各々のユーザ様に最適なアジャイル開発プロセスを提案します。

 

◆プロネットのアジャイル開発の特長

 

・フレームワーク「TierSales」の適用

「TierSales」は自社開発したJavaのフルスタックフレームワークです。
標準的な各種オープンソースを各レイヤーで組込み、RubyOnRailsのような開発容易性をJavaで実現しています。
このフレームワークの適用により、大規模業務システム開発の生産性と柔軟性および品質を飛躍的に向上させています。

 

・Driven

Drivenは、ウォーターフォール型開発からのシフトが容易なアジャイル開発プロセスです。
いきなり画面を開発して要件を確認するなどの奇抜(斬新?)な開発プロセスではなく、大きくは
以下のフェーズに分けてアジャイル開発を進めていきます。

 

(1)要件定義フェーズ

⇒開発するシステムのイメージを決めます。システムの目的を明確にし、業務フローを作成し、
必要な機能、画面、帳票を洗い出しします。主な作成ドキュメントは以下のものです。
・ユーザストーリー(ユースケース図)
・画面一覧表
・帳票一覧表
・システム方式設計書(サーバー構成、ネットワーク構成、性能目標、容量、バックアップ方式など記載)

 

(2)基本設計フェーズ

⇒業務要件を明確にし、データベースのモデリングを行います。
主な作成ドキュメントは以下のものです。
・ビジネスルール
・データベースモデル

ここまでの作成ドキュメントは、「システム方式設計書」を除いてシステム構成や開発言語に囚われないものです。
そのまま保守資料として活用できます。また将来必ず行われる次世代システムへのリニューアル後にも継続的に引き継げる資料となります。

 

(3)開発フェーズ

⇒上記のドキュメントを元に、それまでの設計者を中心にプログラムを実際に作成して
ユーザー様と確認を行い、仕様の細部を決めていきます。
原則としてプログラム設計書は作成しません。オブジェクト指向に基づいたクラス構成と読み易いクリーンな
コードで書かれたプログラムは、十分にメンテナンス可能なものとなります。
また、単体テスト時はJUnit等のテスティングフレームワークを活用し、何度でも実行可能なテストケースを作成します。
テストケースは運用保守時のシステム改善作業の品質を担保するためにも有効な成果物です。

 

(4)システムテスト/運用テストフェーズ

⇒従来のウォーターフォール型開発と同様にシナリオに沿ったシステムテスト/運用テストを行います。

・効率的で可視化したプロジェクト管理
WBSから様々な切り口によるグラフを自動作成し、プロジェクトの進捗状況が一目で判るようにプロジェクトを
管理します。
また、課題やシステム変更要望などはツールによる管理を行い、ステータスを共有してプロジェクトを推進します。

 

◆アジャイル開発のメリット

・実際の画面等で仕様の確認を行うので、価値(顧客満足度)の高いシステムを構築することができます。

・実際の画面等を開発フェーズでユーザー様と確認するので、システム品質を早期に確保することができます。

・プロジェクト関係者のコミュニケーションを重視し、不要なドキュメントを作成しないので、
システム開発のコストを低減させることができます。

 

◆最後に…

IT技術や開発手法、プロジェクト管理手法などは日進月歩で進化しています。
しかしシステム開発の現場では、社内の開発ルールの変更や開発要員スキルの変換を簡単には行えません。
効果を理解できても、新しいものに手を出すのは勇気がいる(リスクの高い)ことです。
でも、キチンとした計画を立てて準備しチャレンジすれば、ハードルは意外に低いかもしれません。
私たちプロネットは、チャレンジするお客様を全力を挙げて支援させて頂きます。
「システム開発プロセスリエンジニアリング」のご検討を宜しくお願い申し上げます。

 

◆開発事例

社内システム開発プロセスの標準として多くWebシステム開発の実績があります
・ECサイト
・Skype英会話教室管理
・旅行業サポートシステム
・治療院向け顧客管理システム etc…

また3年の期間を用いた共済保険システムの大規模システムのリニューアル(COBOLからJavaへの完全移行)プロジェクト
も実施しています。

 

◆このコンテンツに関する問合せフォーム

Comments are closed.